Mantis バージョンアップしたらDokuwikiがエラーになった

Mantisを1.2.2にアップデートした所為か、
Dokuwikiにアクセスするとエラーを吐くようになってしまった。

エラー箇所はなぜかMantis。うーん、自動ログインあたりでダメなのか?
とりあえず、エラーを元に関数の二重定義っぽいので↓あたりのファイルを修正し終わったと思ったら
~/liblary/utf8/mbstring/core.php
~/liblary/utf8/substr_replace.php


別のエラーが出てしまった
Fatal error: Call to undefined function get_enum_to_string()

どうやらfunction get_enum_to_string関数がMantisのバージョンアップと共に無くなってしまったようだ。
他の関数ででっち上げればよさそうだが、ちょっと面倒…

で試しにググッてみたところMantis本家のBTSがヒット

http://www.mantisbt.org/bugs/view.php?id=11019

内容を見てみると、なんとズバリな回答コメントがあるではないですか!

その内容をコピペして頂いたところ無事、ログインできるようになりました!ありがたやぁ〜

Mantis 1.2.xに(やっと)バージョンアップしてみた

MantisBT 1.1.8から 1.2.xにバージョンアップしようとした所、なぜかSQLエラーで止まる。
そんな感じで半年くらいすぎて、先日 1.2.2がリリースされた&ちょっと時間ができたのでもう一回アップグレードに挑戦。

が、何度やっても、ダメ。結果は変わらず、、、

試しに、1.1.8を素でインストールした後、1.2.2をインストールしたら出来た。
※当たり前ですが…


いろいろとデータの差分を眺めていたらふと、configの「database_version」の項目のproject_idが、20になってる。。。

もしや?と思い database_versionを0にしてアップグレード処理を走らせたら
さっきまでとは違いなにやら処理が走ってる感じがあり、、、無事完了したっ

それにしてもなぜproject_idが20に成っていたかは謎。
そもそも、結果できたけど0にしていいかも分からずw

MantisBTとSubversionを連携させてみた。

バグトラッカーのMantisとSubversionを使っているので
Subversionでコミットしたらmantisにコミットログが残ると嬉しなーと思い調べてみた。

基本はここ↓の方法で実現できますが
http://bacons.ddo.jp/wiki/mantis/customize/remote_scm_integration

残念ながら以下の様な理由でそのまま使うことができない
・Mantisが外部レンタルサーバ(Linux系)
・SubversionはローカルのWindowsでのsvnserve運用、外からの参照はできない

具体な部分でいうとpre-commitとpost-commitがWindowsでは使えないので
Windows用に書きなおさなければならない。

ってことでhookスクリプトの部分をWindowsでそのまま使えるであろうcmdとVBSあたりで書いてみた。
※SVNの情報を取得する部分を以下から参考にさせていただきました。
http://www.bnote.net/windows/windows/svn_commitmail.shtml

コミット後の流れとしては
hooks/pre-commit.cmd → ~/pre-commit.vbs
mantis/pre-commit.php
hooks/post-commit.cmd → ~/post-commit.vbs
mantis/post-commit.php
こんな感で

Continue reading